相続QA12

Q.自宅の隣で個人事業を営んでいます。この場合の土地の評価はどうなりますか?

土地(宅地)の相続税法上の評価単位について


    相続において最も悩ましい土地(宅地)の評価における、評価単位について基本的事項を取り纏めたいと思います。

1、評価の単位
  (1)原則的な単位

   土地の評価単位は、原則として宅地、農地(田及び畑)、山林、原野、牧場・池沼、鉱泉地又は雑種地の区分毎に評価され
  ます(財評通7-2)。なお、上記の宅地や農地等の区分は、登記簿上の地目にかかわらず、相続発生時点の土地の現況に
  よって判断することになります。そのため、登記簿上の地目が雑種地であっても、相続発生時点において家屋の敷地として
  利用されている場合には、宅地として評価することになります。
   ただし、地目が異なる場合であっても、その一団の土地が一体として利用されている場合には、その一団の土地は、主た
  る地目からなるものとして、その一団の土地毎に評価することになります(財評通7)。

  (2)宅地における評価単位
   宅地の評価については、利用の単位となっている一区画の宅地(以下、「一画地」という。)毎に評価することになり、①宅
  地の所有者による自由な使用収益を制約する他者の権利(原則として使用貸借による使用借権を除く)の存在の有無により
  区分し、②他者の権利が存在する場合には、その権利の種類及び権利者の異なるごとに区分するので、具体的には、例え
  ば次のように判定することになります(国税庁質疑応答)。
   ①所有する宅地を自ら使用している場合には、居住の用か事業の用かにかかわらず、その全体を1画地の宅地とする。
   ②所有する宅地の一部について普通借地権又は定期借地権等を設定させ、他の部分を自己が使用している場合には、
         それぞれの部分を1画地の宅地とする。一部を貸家の敷地、他の部分を自己が使用している場合にも同様とする。
   ③所有する宅地の一部について普通借地権又は定期借地権等を設定させ、他の部分を貸家の敷地の用に供している場
     合には、それぞれの部分を1画地の宅地とする。
   ④普通借地権又は定期借地権等の目的となっている宅地を評価する場合において、貸付先が複数であるときには、同一
     人に貸し付けられている部分ごとに1画地の宅地とする。
   ⑤貸家建付地を評価する場合において、貸家が数棟あるときには、原則として、各棟の敷地ごとに1画地の宅地とする。
   ⑥2以上の者から隣接している土地を借りて、これを一体として利用している場合には、その借主の普通借地権又は定期
     借地権等の評価に当たっては、その全体を1画地として評価する。この場合、貸主側の貸宅地の評価に当たっては、各
     貸主の所有する部分ごとに区分して、それぞれを1画地の宅地として評価する。
   ⑦共同ビルの敷地の用に供されている宅地は、その全体を1画地の宅地として評価する。
     したがって、必ずしも筆毎に評価するわけではありません。さらに、上記の「利用の単位」とは、相続前の利用形態では
     なく、相続後の利用形態により判断することになりますので、注意が必要です。というのは、同一の被相続人から相続し
      た同じ土地であっても、どのように相続するかによって評価額が異なってくるということです。
   
2、具体的な事例
  (1)地目が異なるが、一体として評価する場合

    
   <事例内容>甲は、次の図のように建物の敷地部分は乙から、駐車場部分は丙からそれぞれ賃借しています。この場合
  の甲の有する借地権と賃借権はどのように評価するのでしょうか。
 




※ B土地は、甲が賃借権の登記を行い、2階建立体駐車場(構築物)
  を設け、スーパーマーケットの買物客の駐車場として利用している。

 








   <評価方法>
   1(1)でみたように、地目が異なる場合であっても、その一団の土地が一体として利用されている場合には、その一団の土地
  は、主たる地目からなるものとして、その一団の土地毎に評価することになりますが、上記図をみると、A宅地とB雑種地は、
  スーパーマーケットとその駐車場として一体として利用されており、それぞれの土地の上に存する権利(借地権 、 賃借権)が
  異なっていても、甲にとって一団の土地の価額に差異は生じないものと認められますから、A宅地とB雑種を  一段の土地とし
  て全体で評価し、その評価額にそれぞれの地積の割合に応じて按分した金額に借地権割合及び賃 借権割合を乗じて算定す
  ることとなります(国税庁質疑応答事例)。

  (2)利用目的が異なる場合
   
   <事例内容>甲は、次の図のように、自己が所有する土地Aの上に甲が居住する建物を、土地Bの上に甲自身の事業のた
  めの店舗建物を所有し、その敷地として利用していますが、どのように評価するのでしょうか。

   <評価方法>
   1(2)①でみたように、所有する宅地を自ら使用している場合には、居住の用か事業の用かにかかわらず、その全体を1画地
  の宅地として評価することになります。
   これは、自己の目的に応じて異なる用途として利用されていたとしても、他人の権 利による制約がないため、一体として利
  用することが可能であるためです。そのため、当該事例では、A土地及びB土地合わせた全体として土地を評価することにな
  ります。すなわち、A土地及びB土地それぞれの価額を算定し、それぞれの評価額を合計するわけではありません。

  (3)貸家の用に供されている土地の場合
   
   <事例内容>甲は、次の図のように、自己が所有する土地の上に、貸家3棟及びアパート1棟を所有し、それぞれ、賃貸
  の用に供しており、居住者はそれぞれ異なっております。この場合に宅地の評価単位はどのようになるでしょうか?

   <評価方法>
   1(2)⑤でみたように、貸家建付地を評価する場合において、貸家が数棟あるときには、原則として、各棟の敷地ごとに1画地
  の宅地とすることになります。したがって、上記図の罫線のような区分(原則として、通路、柵、生垣等によって専ら一の建物
  の用に供されている区分)にしたがい、各土地を別々に評価していくことになります。
   これは、同じ所有者の土地のうえに建っている貸家(アパート含む)であったとしても、借家人が異なる場合には、権利関係
  が異なることとなりますので、土地全体を一体として自由に利用することができないため、別々の土地として評価することにな
  ります。


3、まとめ
   上記でみたのは、1人の者が相続により被相続人から土地(宅地)を取得したものとして評価単位を決定しておりますが、
  仮に2(2)のケースでA土地については妻が相続し、B土地については子供が相続し事業も承継した場合には、A土地又はB土
  地をそれぞれ一体として評価せずに、別々に評価することになります。
   このように同じ土地であってもどのように相続するかによって、評価単位が異なってきますので、評価を低減する観点から
  は、相続後の利用形態を踏まえてシミュレーションする必要があります。







■一緒によく読まれている相続QA・・・実家が農業を営んでいます。相続が発生した場合に税金はどうなりますか?

■一緒によく読まれている相続QA・・・うちの横には近所の方々の通行用の道路があります。相続の際に留意点はありますか?

>>>

大きな地図で見る

〒101-0047
東京都千代田区内神田2丁目2番6号田中ビル5階

ホームページを見たとお伝えください03-5577-5047
受付時間
9:30~19:00

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加