相続QA46

046 私の兄は相続を放棄していますが、以前親から贈与を受けていたと記憶しています。今回の相続にあたって何か留意すべき点はありますか?


相続を放棄した者が相続開始年に贈与を受けていた場合の取扱いについて

 
 今回は、相続の放棄をした者が、相続の開始した年に被相続人から贈与を受けていた場合の生前贈与加算の取扱いについて、纏めたいと思います。

1、生前贈与加算制度の概要
  相続又は遺贈によって財産を取得した人が、その相続の開始前3年以内にその相続に係る被相続人から贈与により財産を
 取得したことがある場合には、その取得した財産(非課税財産を除く。)の価額(贈与を受けた時における価額)を相続税の課税 価格に加算した価額を課税価格とみなしてその者の算出相続税額を計算し、その贈与によりすでに課された贈与税額があると は、その算出相続税額から贈与税額を控除することとされているものです(相法19①)。
  なお、相続又は遺贈により財産を取得した者が相続開始の年中において被相続人から贈与を受けた財産の価額で、相続税  の課税価格に加算したものは、贈与税では、課税価格に算入されず、非課税となります(相法21の2④)。

  これは、被相続人が相続開始間際に行った贈与には、ある程度死後のことを考慮して財産を分割し、相続税の負担の軽減を 図ることを目的として行われたものもあると考えられることから、相続又は遺贈によって財産を取得した人がその相続の開始前 3年以内に贈与を受けたものをその人の相続税の課税価格に加算することにしているものです。

2、事例



 (1)長男は、平成27年9月15日に甲から、現金1,000万円の贈与を受けた。
 (2)甲は、その後平成27年10月10日に死亡した。
 (3)長男は、被相続人甲の相続について、相続の放棄をし、所定の手続きを行った。
 (4)長男は、生命保険金等のみなし相続財産の取得もない。

3、生前贈与加算等の取扱い
 (1)生前贈与加算について
   この規定の適用を受ける者は、被相続人甲から相続又は遺贈により財産を取得した者ですが、長男は、相続を放棄したこ   とにより、被相続人甲から相続又は遺贈により財産を取得していないことから、当該規定の適用を受けることはありません。
   そのため、長男が被相続人甲から贈与を受けた1,000万円については、被相続人甲の相続財産に含める必要はないこと    になります。

 (2)贈与税の課税について
   (1)で記載したように、長男が贈与を受けた1,000万円については、被相続人甲の相続財産として相続税が課税されることは  ありません。
   ただし、贈与を受けた長男の贈与税が非課税とされるのは、相続又は遺贈により財産を取得した場合に限られるため、相  続を放棄したことにより相続又は遺贈により財産を取得していないことから、長男が贈与を受けた1,000万円については、贈与税 が課税されることとなります。

 

以上


■一緒によく読まれている相続QA・・・親が借金を残して死亡しました。この借金は私が返済しなければなりませんか?

■一緒によく読まれている相続QA・・・結婚・子育て資金とはなんですか?




 

>>>

大きな地図で見る

〒101-0047
東京都千代田区内神田2丁目2番6号田中ビル5階

ホームページを見たとお伝えください03-5577-5047
受付時間
9:30~19:00

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加