TOP > セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオンとは

セカンド・オピニオンとはのイメージ
セカンド・オピニオンは、「顧問税理士を変える」ことではありません

「セカンド・オピニオン」とは、直訳すれば第二の意見といったところでしょう。
現在、医療の現場では自分を担当している医師だけではなく、他の医師にセカンド・オピニオンとして診断してもらい、意見を聞くという患者さんが増えています。


医師ではなく税理士としてのセカンド・オピニオンも「顧問税理士を変える事」ではありません。
更なる安心、納得を得る為に今現在の顧問税理士との関係を良好に保ちつつ、他の複数の税理士・公認会計士の意見を聞くことです。

毎年のように変わる法律にいかに素早く対応できるかが会計・税務の分野で大切な事です
しかしながら専門家によって判断が違うこともあるほど、その解釈は難しいのです。

加えて実際に税理士に依頼する場合でも月次決済について事細かく説明や報告をする事務所もあれば、逆に記帳と申告だけの事務所もあります。また資金繰りや経営に関する助言も、月額顧問料内で提供している税理事務所もあります。
つまり、お客様への対応やサービスの質は会計事務所や税理士本人によって大きな差があるのが実情なのです。


実際に、事業承継対策のみを弊社で行い、既存の税理士との顧問契約は維持したままという事例も弊社ではあります。


セカンド・オピニオンとしての意見が聞きたい、顧問税理士に聞きにくい事などございましたら是非お気軽にご相談ください。
最善を尽くして税務や経営、会計に関するご助言を行わせていただきます。



セカンド・オピニオンが必要な方へ

セカンドオピニオンの費用 (お打ち合わせによるアドバイスの場合)

大きな地図で見る

〒101-0047
東京都千代田区内神田2丁目2番6号田中ビル5階

ホームページを見たとお伝えください03-5577-5047
受付時間
9:30~19:00

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加