TOP > 生前贈与

生前贈与

生前贈与について

相続発生前に相続財産の一部を贈与しておくことは、 節税対策として有効な方法になります。
生前贈与についてのイメージ

漠然と「相続税はいくらになるのだろう・・・」不安に思われたことがあるでしょうか?
もし一度でもそのような経験があれば、すぐにでも相続対策の準備に取り掛かったほうがよいでしょう。

行動すべき時は今です。

私どもの事務所へ相談に来られる多くのお客様が『相談をもっと早くしておけばよかった・・・』と後悔されるのです

『事前に遺言書を準備していなかったからトラブルが・・・』
『争続になってしまった・・・・事前に準備しておけば・・・』
『財産の評価額が思っていたよりも高くて、納税額が・・・』
『納税の為の準備資金が不足・・・』

このように様々です。

事前の対策が有効的

相続する財産の内容は、個人によって様々です。
  • 土地や不動産が財産の多くを占める
  • 多額の評価を会社の株式が受けてしまった
  • 事業承継が同時に発生する
  • 預貯金、株などの生前贈与やへそくりが多い

上記のように同じ状況は一つとしてないので、相続対策と一言にいえど、お客様の状況や希望、相続対象となる財産の内容によって変わってしまいます。
きちんとした話し合いを重ね、最適な形での対策方法を当事務所でご提案させていただきます。

生前対策の三原則

相続税を抑えることが主な生前対策として挙げられますが、実際は違います。
重要なのは“3つのポイント”を軸にして生前対策を立てる事なのです。

  • POINT1遺産分割(遺言)
  • POINT2納税資金準備
  • POINT3税務対策

よくある例として税務対策に力を入れ、遺産分割と納税資金の準備を疎かにしてしまって
『納税資金が足りない・・・』『遺産分割できなかった・・・』となってしまうことがあります。

お客様のご要望をしっかりと聞き入れた最適な相続対策案を当事務所では提案させていただきます。

大きな地図で見る

〒101-0047
東京都千代田区内神田2丁目2番6号田中ビル5階

ホームページを見たとお伝えください03-5577-5047
受付時間
9:30~19:00

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加