TOP > 事業承継の流れ

事業承継の流れ

事業承継のポイント

事業承継のポイントのイメージ
会社を取り巻く状況を正確に把握し、整理する必要があります。

事業承継を行う際には初めに会社の置かれている状況を正確に把握して整理をする必要があります。

後継者がすでに決定しているようなケースもあるでしょう。しかしながら、そういった場合でも経営資産やリスク、経営者本人の資産や負債を調べ、どういった手順で行えば適切な事業承継をすることができるかを検討します。

ここで一般的な事業承継の手順をご説明します。
これにより事業承継の手順を知り、事業承継になくてはならないものは何かが分かるので、事業承継成功に一歩近づけます。

事業承継の流れ

1現状の認識のイメージ
1現状の認識

会社の置かれている状況について把握します。

  • 会社の経営資源・負債(ヒト・モノ・カネ)
  • 経営者自身の状況(資産・負債・健康)
  • 後継者候補の現状
  • 相続に予想される問題
2事業承継方法および後継者の選定

次のような方法が事業承継にはあります。

  • 親族への承継(親族内承継)
  • 役員や従業員への承継
  • M&A(Merger & Acquisition)
  • 外部からの経営者の招聘(株主として関与)

承継方法を決め、後継者を選定します。

3事業承継における提案の作成

段階を踏まなければならないさまざまなステップがあるのが事業承継。
各ステップには時間がかかるので、10年ほどの中期的な計画を策定します。
そして具体的な計画にするために時期を定めて、経営権の移譲、昇進計画、相続の準備と移行手順など策定します。

4事業承継計画の実施

作成した事業承継計画に従って、事業承継を実施します。

大きな地図で見る

〒101-0047
東京都千代田区内神田2丁目2番6号田中ビル5階

ホームページを見たとお伝えください03-5577-5047
受付時間
9:30~19:00

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加