あすなの日常

2014年11月12日 水曜日

領収書等の電子保管

 相続専門の会計事務所、あすな会計の小杉です。

 先日の日経新聞の一面に、政府が税務上要請される書類保管ルールを緩和し領収書等の電子保管を容認する方針、という記事が掲載されていました。
 現在も申請により一定の書類についてスキャナ保存が認められていますが、領収書や契約書は重要書類のため紙での保管が義務付けられています。
 これらの書類は7年間保存しなければならず、企業にとっては倉庫代・運搬料等の保管コストの負担も大きく、経団連の試算では税務書類の保管コストは合計で年間約3千億円にのぼるようです。
電子保存が認められれば、取引数が多い大企業にとっては、それなりのコスト削減効果が見込めるのではないでしょうか。
なお、データのねつ造や改ざんを防ぐため、社内のチェック体制を要件とし、受領後速やかにスキャナーにかけることや読み取った日時がわかるように記録することが求められるようです。
 具体的な要件はまだ決まっていないようですが、企業にとって負担感が増すような要件が課されないことを期待します。

_______________________________________________________________■□■
内神田にある相続専門の会計事務所
相続のご相談はあすな会計事務所にお任せ下さい。

初回相談は無料で行っております。
ご質問だけでも結構ですので一度お電話下さい。
TEL:03-5577-5047

相続の知識満載の質問集はこちら
http://www.asuna-accounting.net/qanda/

事業承継のよくある質問集はこちら
http://www.asuna-accounting.net/business-qanda/
■□■________________________________________________________________

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

〒101-0047
東京都千代田区内神田2丁目2番6号田中ビル5階

ホームページを見たとお伝えください03-5577-5047
受付時間
9:30~19:00

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加